広告会社の営業職に求められることとは

いま、広告会社が必要としている人材とは?

デジタルトランスフォメーションにともない、多くの広告会社が中途採用を増やしています。当社へも大手の広告会社から求人がよせられているので、転職を考える際の参考にしてください。

そもそも、広告会社の営業の仕事ってなに?

フロントラインに立つ広告会社の営業は、かつてはクライアント、TV,新聞といったメディアとの深い付き合いが日常業務の大半を占めていました。

今はクライアントの商品の認知を高め、販売に結び付ける戦略を作成するチームの陣頭に立ち、インパクトのあるクリエイティブ制作、効果的なメディアプランの立案と実施、これらの前提になるデータ収集、分析といった多様なビジネス領域をまとめます。

最近のSNSによるコミュニケーション、AIの活用等により、科学的なアプローチも必須になっています。

複雑化している広告ビジネスですが、ほかの業種に比較して自由度が高く、個人の力が発揮できるおもしろさは十分にあります。

広告会社の営業に必要なスキル

広告会社で活躍するためのスキルは、どのようなものでしょうか。

  • コミュニケーションスキル

広告営業は、クライアントの要望をヒアリングして、効果の高い広告キャンペーンを提案します。

そのためには、クライアントの要望を理解し、チームに関わる、クリエイティブ、メディアスタッフ等にその内容を的確に伝える必要があります。

日頃から人の話を整理してまとめあげたり、自分の話す内容、組み立てを考えるトレーニングをするといいでしょう。

  • チームマネージメント力

営業はマーケティング、クリエイティブ、メディアといった社内スタッフをまとめなければなりません。言ってみればオーケストラの指揮者のような存在です。演奏者に的確な指示を出してこそ、素晴らしいハーモニーが生まれます。反対にチームに統一性が無ければ、結果は目に見えてます。

チームマネージメントには、チームメンバーの人となりをよく知り、コミュニケーションを積極的に取り、適切なディレクションを与えるようにしましょう。

  • コンサルティング力

今までのアプトプット中心の広告ビジネスから、マーケティング全体を俯瞰して考え論理的な戦略提案が必要になっています。 対策としては、常に問題意識を持って、課題の抽出、解決策のシュミレーションを行うといいでしょう。

最近クライアントは広告会社にコンサルと同様なサービスを求めてきています。

最後に

デジタル化、多様なデータ、イノベーションによって広告ビジネスは変化しています。ただし、広告キャンペーンが成功した時の感動は今も昔も変わらないので、是非チャレンジしてください。